【ルンバe5レビュー】写真付き実体験で語る!i7や960と比較して良かった点、悪かった点【アイロボット(iRobot) Roomba】

【ルンバe5レビュー】写真付き実体験で語る!i7や960と比較して良かった点、悪かった点【アイロボット(iRobot) Roomba】

ルンバe5ハイスペックな機能を持ちつつも、価格が安いことで大人気のロボット掃除機です。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の外観

良いロボット掃除機は効果で手が出せないと思われがちですが、ルンバe5はその中でもコスパが良くて学生でも使いやすい家電として人気です。

評価
機能
(3.5)
バッテリー
(4.0)
デザイン
(4.5)
静音性
(3.5)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.5)

yuki

ルンバe5は私が今、一番おすすめしているロボット掃除機です!

この記事では私が実際にルンバe5を使って感じたこと、i7や960という他の機種と比較して気づいたことを写真付きで紹介します。

CHECK NOW

ルンバe5の外観と特徴をレビュー【エディオン アイロボット(iRobot) Roomba】

ルンバe5は、値段が安くて高機能だと大人気のロボット掃除機です。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の外観

黒を基調にした艶のある質感が、なんとも言えない高級感をかもし出しています。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の外観別アングル

ルンバe5は、スマートフォンでの操作が可能です。

WiFiがある環境なら、スマホアプリからワンタッチで操作できます。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のスマホアプリ

アプリを開くと大きな「CLEAN」のボタン。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のアプリ開始画面3

ちなみに「ルン子」っていうのは、私がルンバにつけたニックネームです笑
最初の設定の時に、自由に名前をつけることができます。

では、「CLEAN」をタップすると。。。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のアプリ開始画面2

掃除開始の命令がルンバへ送られます。

ルンバが動き出しました!

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の掃除開始時の様子

このように違う部屋にいても、別の作業をしながらでもルンバを動かすことができます。

アプリの機能は遠隔操作だけではありません。

  • クリーニング開始
  • スケジュールの設定
  • クリーニング履歴の確認
  • お手入れ方法の確認
  • メーカーに問い合わせ

などなど。

yuki

特に気に入っているのは、スケジュール機能です!

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のアプリスケジュール画面

これ、本当に便利です。

掃除が終わったり充電が減ったりすると自動で充電器の場所に戻って充電開始するので、全く手もかかりません。

ルンバe5のサイズは以下のとおりです。

35.1cm
奥行き35.1cm
高さ9.2cm
重さ4.0Kg
最大稼働時間90分
メーカー保証1年

ルンバe5の特徴は、ゴム製デュアルアクションブラシです。

ゴミを吸う部分の、緑のところです。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の裏側の画像

MEMO
ゴム製デュアルアクションブラシとは、ゴミをよくひっつけて回収する車輪みたいなものです。

ルンバe5ゴム製デュアルアクションブラシ

yuki

さらに私が感動したのが、この機能。

ルンバ5eバーチャルウォール

バーチャルウォールです!

バーチャルウォールはこの小さなルーターを置くだけで、その半径60cm以内にルンバが入ってこないようにするバリアです。

ペットの餌だったりコードが引いてある場所だったり、ここには来て欲しくないって場所に置くだけでルンバによる事故を防ぐことができます。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のバーチャルウォール
ルーターの大きさは、イオンにある塩胡椒のボトルと同じくらい。。。
乾電池で動きます。

yuki

これはすごく便利!

実はルンバe5は機能に対して価格がとっても安く設定されており、この便利さをもっと多くの人に体験してもらいたいっていうメーカーのメッセージが込められているんです。

ぜひ一度試してみてくださいね。

yuki

私が自信を持っておすすめする最高のお掃除ロボットです!
CHECK NOW

ルンバe5のコスパが最強ってレビューは本当?

ルンバe5のレビューを見ていると、コスパが一番良いというレビューが目立ちます。

でも、本当に一番なの?って思いませんか?

なのでここで、他の製品との比較表を作ってみました!

↓スクロールできます↓

機種名スマート
マッピング
クリーニング
システム
洗えるダスト
ボックス
スケジュールデュアル
アクションブラシ
吸引力指数参考価格
ルンバi7+Aeroforce三段階10約140,000円
ルンバ960Aeroforce三段階約75,000円
ルンバe5Aeroforce三段階約55,000円
ルンバ691三段階約35,000円
Deebot
DM82
○(1種)約10,000円(中古のみ)

この表を見るとルンバe5のバランスの良さが際立っていますね。

最近ではマッピング機能のようなハイテクノロジーを持ったルンバが話題になっていますが、よっぽど広い部屋じゃないとそんな機能は必要ありません。

yuki

私は1DKの部屋に住んでいますが、ルンバe5で15分もあれば部屋中ピカピカになります。

最大稼働時間が90分に対して15分しかかかってないので、まだまだ余裕ありますね。
2LDKでも全然問題ないという感じです。

CHECK NOW

ルンバe5のデメリットを正直にレビュー

ここまで紹介したようにルンバe5は、コスパの良いロボット掃除機なのですが、使ってみて「ここはちょっとなぁ」と感じたポイントもありました。

まず一つ目が、音がやや大きめなこと。

掃除を始めると、「ウィーン」という吸引音が出ます。
近くにいるとちょっと気になるくらいの大きさなので、作業をしているときはあんまり近寄らないで欲しいと思う気持ちも。。。

とはいえ目が覚めてるお昼間なら気にするほどでもないし、そもそも外出している時にスケジュールをONにしておけば音の大きさは問題になりません。

2つ目に気になったのが、マッピング機能がないことです。

MEMO
マッピング機能とは、家の間取りを覚えてそのマップに沿って掃除をプランニングする機能のことです。

ルンバe5はランダムに動き回るタイプのロボット掃除機なので、部屋がたくさんあるおうちだと、どこかの部屋に全然来てくれない、ということになるかもしれません。

3LDK以上の部屋に住んでいる人は、マッピング機能のあるルンバi7+を使う方がいいかもしれないです。

yuki

私は1DKの部屋に住んでいますが、このタイプでは余裕で隅々まで掃除できます。

小さな部屋ではマッピング機能はほぼ意味がないので、気にしなくてよかったです。

CHECK NOW

ルンバe5のWiFiスマホ操作をレビュー

私がルンバe5で気に入っているのが、スマホアプリからの操作ができることです。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のアプリ開始画面3

スマホからは次の操作ができます。

  • クリーニング開始
  • スケジュールの設定
  • クリーニング履歴の確認
  • お手入れ方法の確認
  • メーカーに問い合わせ

掃除を始めて欲しいときは、アプリを起動してすぐ出てくる大きな「CLEAN」ボタンを押します。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のアプリ開始画面2

すると、ルンバが「ピリりん♪」と返事して、動き出します。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の掃除開始時の様子

yuki

ルンバとスマホの連携は、全然難しくありません。

指示通りボタンを押すだけですぐに接続できるので、本当にお手軽でした!

MEMO
つなぎ方が難しいっていうレビューをたまに見かけますが、全然難しいことはありません。

私たちが使っているWiFiには2種類の通信があるので、「〇〇〇〇〇〇〇〇-2G」っていう名前のWiFiに繋げればOKです。(基本的にどのWiFiにもあるので心配しなくて大丈夫です)

さらにスマホではルンバe5の毎日のスケジュール管理もできます。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のアプリスケジュール画面

このように、日曜日から土曜日まで、毎日違った時間で起動のスケジュールを決めれるのがすごいですね。

実際の生活って、毎日時間のタイミングが違いますよね。

月曜日のお昼は外に出てるけど、日曜日はお昼まで寝ていたい…

そういうときは、月曜日のスケジュールをお昼に設定して、日曜日はちょっと遅めの15時くらいに設定しておけば、自分の生活リズムに合わせたスケジュールを組むことができます。

掃除が終わったり充電が少なくなったら自分で勝手に充電器に戻って潤殿モードに入るので、私たちは何も触れる必要はありません。

家の掃除を全部任せられる、本当に心強い存在です。

CHECK NOW

ルンバe5は汚れが溜まりにくい!実体験をレビューします

ルンバe5はゴミが溜まりにくいので、ゴミ捨ては週1回もあれば十分です。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のダストボックス

ダストボックス自体が大きいのはもちろん、中のゴミがギュッと圧縮されています。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のダストボックスからゴミを捨てる様子

ゴミがぎゅっと圧縮されているとたくさんのゴミを回収できるだけでなく、ゴミ捨てをしたときに埃が舞いにくいんです。

だからゴミ捨ての時に埃が手につくこともないし、吸い込む心配もありません。

yuki

細かい部分ですが、とっても快適に感じました。

もしダストボックスの中のゴミが気になれば、ダストボックス自体を洗うこともできます。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のダストボックスを洗う様子

全部濡らして大丈夫なので、こんなふうにジャバジャバ洗ってOKです。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の洗い終わった綺麗なダストボックス

綺麗になりました!

洗い終わったら蓋を広げて乾かします。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5のダストボックスを干している様子

後必要な手入れは、たまに裏側の車輪に引っかかった髪の毛を取ってあげることです。

アイロボット(iRobot) Roombaルンバe5の裏側の画像

左上の小さな車輪の部分に髪の毛がよく絡まるので、女性の方は特に気にかけてあげてくださいね。

ちなみに髪の毛がからまるのはどのルンバも避けられない課題なのですが、ルンバe5は車輪まわりの空間がちょっと広めで、髪の毛を取るのがやりやすいかったです!

yuki

ルンバの中では低価格帯ながら、使う人のかゆいところに手が届く、お手入れの簡単なところがすごく気に入りました。
CHECK NOW

ルンバe5レビューのまとめ【エディオン アイロボット(iRobot) Roomba】

この記事では「【ルンバe5レビュー】写真付き実体験で語る!安くて高機能、おすすめNo1の理由とデメリットを紹介【アイロボット(iRobot) Roomba】」について紹介しました。

ルンバe5はハイクオリティな機能を持ちつつも、5万円代というコスパの高いロボットです。

しっかりしたロボット掃除機で部屋を掃除してもらいたいけど、お金は抑えたいという人はぜひチェックしてみてくださいね。

yuki

私はルンバe5を選んで良かったって、すごく満足しています!

自信を持っておすすめできるロボット掃除機です♪

CHECK NOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です